FC2ブログ

スピーカー交換

またまた久しぶりの投稿になりました。

最近スピーカーを変えたんで、それについて書こうと思います。

前の記事ではD-N9NX買うかな~とか言ってましたが

よく考えると、別に新品じゃなくてもいいじゃないか!ってことに考えが変わって

ヤフオクを閲覧してたら、D-112ELTDというのが目につきました。

デザインもONKYOのものが個人的に洗練されてると思うし、

大きさも自分が欲しかったものとピッタリだったので注文しました。

↓全体像はこんな感じです。
まぁ普通にONKYOのスピーカーですw
IMAG0224.jpg


サランネットを取ると↓
IMAG0225.jpg
やっぱコンポ付属のスピーカーと比べて高級感あります。

IMAG0226.jpg
側板はMDFじゃなくて一枚板です。

上部はピアノのように黒くてツヤがあります。

このへんが個人的に気に入りました。

残念ながら中古なので少し傷が入ってましたが・・・

ちなみに前のスピーカーです↓
IMAG0227.jpg

気になる音ですが、やはり前のスピーカーとは全く違いました。

分解能が違いすぎます。

一つ一つの楽器の音がはっきりしてます。

低音もかなり出ていますが、こもった感じがしません。

高音はただシャカシャカいってる感じがなく、ちゃんと楽器の 音 がしてます。

とりあえずは満足だったのでこれで行きたいと思います。



居場所をなくしたR1000TCN君・・・どうしましょ
テレビにでもつけるか・・・
IMAG0228.jpg
スポンサーサイト



久しぶりにいろいろと・・・①

最近忙しくて全然更新できていませんでした・・・orz

久しぶりの投稿第一弾はオーディオについてです。

この前は吸音材をいれたりしましたが、今回はアンプ交換をしました。

交換ではなく外付け?にになるのか。



今回使ったアンプはlepai lp2020aです。

・・・はい。定番ルートです・・・

でも、レビューなんか見てるとやっぱりかなりの高評価

何十万のアンプにも匹敵するなんて言われたら食いつくしかありませんw



とりあえずスピーカー側のパッシブ化を行いました。

まず、電源を取り出します。↓
IMAG0143.jpg


開けた時は線ゴチャゴチャで焦りましたが、

よく見てみると結構簡単でした。

いままでもう一つのスピーカーにつなげるOUTPUTだった端子から出ている線と、

ウーハーから伸びている線を、直結させればいいだけです。

IMAG0144.jpg
これで完了です。


次にアンプです。
ACアダプタ付きで3000円ちょっとでした。

IMAG0146.jpg

なんか外箱がネットで見かけたものよりもなんかデザインがいい感じになってますw

こっちのほうが安っぽくなくていいですね

中身は変わらないけど・・


IMAG0145.jpg
↑さっそく設置してみました。
電源つけるとこんな感じです。

バリなんかありましたが、思っていたよりも仕上がりもきれいに感じました。


そして気になる音ですが、情報量が変わってますw


ノーマルのアンプよりも中低音が強く出てました。

後、奥行きが深く感じられました。

TREBLEとBASSのつまみを少し回してTONEボタン押すと

若干クリアに聞こえます。


最近よくある構成だと思いますが

一時はPCはこれで音楽聞くことにします・・

吸音材

二週間ぶりの投稿です。

最近暖かかったのに、急に気温が低くなってきたように感じます。

IMAG0087.jpg

こちら九州の平地ですが、つららができていました。

※つららにピントが合いませんでした><

ちなみに室温は17度前後で、湿度は65%です。

IMAG0092.jpg

日淡水魚水槽の皆さんは行動が鈍くなってきております・・・

しかし、餌食いの勢いは全く衰えていません。

ヒーターはつけていません。




今日のメインはタイトルの通り吸音材です。

いままで保障期間内に箱を開けるのは、気が引けていましたが

自分はどうも好奇心を抑えられないようです・・・


IMAG0089.jpg

気づいたら開けてましたw

まぁ保証がなくなっても壊れるわけではないんで・・・

値段もそれなりだし・・・



画像はアンプがある方です。

そしてスピーカーの左においてるのが今回入れる吸音材です。

この細長い綿のようなものは・・・気づいた方いるかもしれませんが

これ、上部フィルターの詰め替え用のマットですw

これならストックがたくさんあります。

ホームセンターにスピーカー用の吸音材置いていたのですが

結構な値段したので、「ポリ100%ならこれでもいけそう・・・」

って感じで今回試してみました。


ウーファーの穴からスピーカーの中でマットがU字型になるように詰め込みます。

それ、だけですw

5分で出来上がりました。


さっそく音をきいてみましたが・・・

劇的というほどではありませんが、

かなり刺さるような高音が軽減されていました。

これ以上なくなると反対に輪郭がぼやけそうなので

ちょうどいい感じだと思います。




買った時から気になっていたのですが↓
IMAG0088.jpg

ネットの一部分の接着剤がはがれちゃってます・・・

まぁ値段相応の品質っていうのはこういうところなんでしょうか・・・

ネットはずすと音変わるし・・・

・・張りなおそうと思います。


なんだかんだ言って結構気に入っているので

今度はパッシブ化してアンプを別につけようかなぁとか思ってます。

携帯やっと・・・

いままで自分はAUのIS03を使っていたのですが、

最近精神的に限界を感じつつありました・・・

ブラウザ、メール編集、通話でさえも固まってしまうorz

二度と電源切る気を起こさせないほどの起動時間・・・

バッテリー二つ持ち歩いてるのに・・・


だいぶ高速化のためにアプリ消したりいろいろやって、

二年縛りであと二か月というところまで来たのですが・・・

遂に耐えきれなくなって↓やっと変えました(*゚▽゚)/゚・:*
IMG_3221.jpg


HTC J butterfly HTL21!

もうスペック低くてイライラするのは嫌なので、フラッグシップに!


optimusGと悩んだのですが、あんまり良い評判を聞かないので・・・

格好はカクカクしたあっちのほうが好みだったりしますが

これはこれで手になじみいい感じでした。


そしてクアッドコアの威力ですが、





か、固まらない!

IS03で固まるのが当たり前だった自分が変なのかもしれませんがw

とにかく何しても固まりませんw

そしてディスプレイの綺麗さ!

これには感動しましたw

写真を撮ってみてみると、実物見ているように

繊細さが表現されています。



ただLismo playerで音楽流すと少しサー・・っとノイズが聞こえました。

携帯で音楽聞くことはあまりないので、

まぁ気になるほどではないですが・・・




これ、二年後には「遅いっ」とか文句言ってるのだろうか・・・

今からじゃ全然考えられませんw


IS03・・・お疲れ様です(/_・、)/~~

最後のバッテリー切れるときは感傷的になりましたなw

PCオーディオ

魚から離れていくこのブログですが・・・

今回はラトックのREX-A1648HA1が届いたんでそれについて書こうと思います。

前からPCのオンボードサウンドのスッカスカな低音にコリゴリしていて、

どう改善しようか迷ってたのですが、サウンドボードにしようにも

PCIが空いていなかったので、USBで値段も手ごろだったREX-A1648HA1を

購入しました。

見た目もつまみがアルミでGOODです!
IMG_3215.jpg

スピーカー出力があるのも一つの購入動機だったわけですが、

とりあえずイヤホンで聞いてみました。

イヤホンはSHUREのSE535です。
IMG_3220.jpg




問題にしていた低音ですが

バッチリ改善されていました!

曇った低音ではなくくっきり音が出ています。

いままで雑音のように聞こえていた高音の方も

はっきりと聞こえるようになっています。


次にスピーカーですが

繋いでるのはR1000TCNです

IMG_3217.jpg

かなり評判がいいので以前購入しました。

もっといいスピーカー欲しいんですが・・・

イヤホンに吸い取られて・・・orz



ともかく確かにこのスピーカー、音良いです、

少なくとも値段以上の音は出してると思います。

しかし、少し音が曇りがかってるというか、もやもやした感じがありました・・・

吸音材入れようにも保証期間内に保障無くなるのも抵抗あるし・・

そこでREX-A1648HA1から音を取ってみました。

結果、かなりクリアな印象になりましたw

いままで不自然な低音が出ていたので・・・

家にあるONKYOのコンポのスピーカーと張ってるんじゃないでしょうか。

場合によってはそれ以上あったりして・・・

ただ一つ、少しノイズが入るんだよな・・・

PCの問題だと思うけど・・・



一時はこれで落ち着かせようと思います。
プロフィール

nishikibora

Author:nishikibora
魚の飼育のことを中心に、起きた出来事をいろいろと書いていくブログです。

宜しくです!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR